介護 情報

便秘解消や美容と健康に嬉しいイソフラボンが豊富な豆乳ヨーグルトの作り方を紹介します!

MENU
乳酸菌の効果でスルッと快腸に!【体内の善玉菌をキープして健康美人!】 TOP  >  豆乳ヨーグルト  >  便秘解消や美容と健康に嬉しいイソフラボンが豊富な豆乳ヨーグルトの作り方!

便秘解消や美容と健康に嬉しいイソフラボンが豊富な豆乳ヨーグルトの作り方!

スポンサードリンク

すでに多くの芸能人やタレント、美容マニアの方々に実践されている豆乳ヨーグルトですが、その効果にはどのようなものがあるのでしょうか?

030cfb289046daa4c425fc14570bfab8_s

【豆乳ヨーグルトの効果とは?】

豆乳ヨーグルトの効果には

  • ・便秘解消
  • ・美肌効果
  • ・抗酸化作用によるアンチエイジング効果
  • ・脂肪燃焼を促進し、代謝アップによるダイエット効果
  • ・免疫力向上による花粉症などのアレルギー症状改善効果
  • ・血液サラサラ効果
  • ・骨粗しょう症の改善、予防効果
  • ・バストアップ効果
  • ・更年期症状の改善、予防効果
  • ・動脈硬化の予防

などなど、京都大学名誉教授の家森幸男先生も「史上最強の長寿食」と太鼓判を押すほど、さまざまな女性に嬉しい効果が得られるスーパーフードなのです。

では、豆乳ヨーグルトの作り方をご紹介します。

【豆乳ヨーグルトの作り方!】

豆乳ヨーグルトの作り方には、玄米や麹などを使った純粋に植物原料を乳酸菌発酵させて作る場合と、乳製品を原料とした市販のヨーグルトを種菌として発酵させて作る場合の大きく分けて2種類の作り方があります。
どちらの作り方でも効果に差はありませんが、前者の玄米などをの植物原料を発酵させて作るやり方は、主にVegan(ビーガン)と呼ばれる完全菜食主義者(完全ベジタリアン)の間で流行っている作り方のようです。

※Vegan(ビーガン)とは?
一般的な菜食主義者の中には穀物や豆類、卵、乳製品、魚介類といった野菜以外の食べ物や肉以外の動物性の食品も食べる場合があります。

それに対してVegan(ビーガン)は、食事に限らず衣食住の全てにおいて動物性の物の使用を極力避ける生き方をする人たちを指し、完全ベジタリアンとも呼ばれています。

それでは、まずは手軽に作れる「市販のヨーグルトを種菌とする作り方」からご紹介します。

  • 【市販のヨーグルトを種菌とする作り方】

※用意するもの
・成分無調整の豆乳1リットル
・市販のヨーグルト50グラムから80グラムくらい
・ヨーグルトを作るための容器
・スプーン

ちなみに、市販のヨーグルトを選ぶ際は「できるだけ日付の新しいものを選ぶこと」以外に特に決まりはありませんので、あなたの望む効果を得られるものでかまいません。

例えば、免疫を強化したければR-1乳酸菌入りのものを、ピロリ菌の活動を抑制したければLG21入りのものを、体脂肪を減らす目的ならばガセリ菌入りのものを、と言った具合です。

ただし、「果物入りの物や味付けされている」「敢えて死菌を配合してある」などのヨーグルトは生きた乳酸菌がいない可能性があり、豆乳と混ぜても発酵しない場合がありますので避けたほうが良いでしょう。

※作り方
1)容器とスプーンを消毒する
雑菌が入ってしまうと上手く発酵せず、ヨーグルトにならなかったり腐る原因になってしまいますので、容器とスプーンを熱湯や電子レンジで消毒します。

ちなみに電子レンジの場合は、お水50cc程度とスプーンを容器に入れてラップをし、お水がブクブクと沸騰し始めるまで温めます。

どちらの場合も、お湯を捨てたら容器が人肌に冷めるのを待ってから豆乳とヨーグルトを投入します。

2) 容器の中で豆乳と、ヨーグルトを混ぜ合わせる
手をきれいに洗ってから豆乳1リットルとヨーグルト50~80グラムを容器に入れて、消毒済のスプーンでよく混ぜ合わせます。

この時、あらかじめヨーグルトを崩しておくのと、豆乳を人肌に温めておくと早く出来上がります。

3)30度から35度程度で12時間から24時間保温する
豆乳とヨーグルトを容器で混ぜ合わせたら、雑菌が入らないようにフタをして、30度から35度くらいの温度で12時間から24時間保温します。

菌の種類によって保温する温度や時間は微妙に異なりますが、おおよその目安として出来具合をみながら調整しましょう。

夏場でしたら室内で放置してもかまいませんが、冬場などで室温が上がらない時などは、発砲スチロールの箱やクーラーボックスの中にお湯を入れて保温するなどの工夫をして作ってみてください。

中には土鍋を使ったり保温調理器を使う人もいるようですが、安定して一定量の豆乳ヨーグルトを作るには「ヨーグルティア」などのヨーグルトメーカーを購入するのがおすすめです。

保温時間を見計らって、ヨーグルト状に固まっていれば完成です。

なお、この時に変な臭いや固まらなかった場合は、きちんと発酵ができていませんので、残念ですが食べたりせずに捨てましょう。

完成後は冷蔵庫で保存して、3日以内に食べきるようにして下さいね。

※増やし方
完成したヨーグルトを、最初と同じように50から80グラム取って、消毒された新しい容器に移して豆乳と混ぜ合わせ、同じように固まるまで保温します。

  • 【玄米を使った豆乳ヨーグルトの作り方】

※用意するもの
・成分無調整の豆乳500cc
・玄米50グラム
・ヨーグルトを作るための容器
・スプーン

※作り方
容器とスプーンはあらかじめ消毒しておきます。

1)豆乳を容器に入れる。

2)さっと洗って水気を切った玄米も容器に入れて掻き混ぜます。

3)蓋をせずに30度ぐらいの温度で約12時間置く。(蓋をする場合は密閉しないもの、または少しあけておきます)

4)固まったら出来上がり。

冷蔵庫で保存して5日以内に食べきるようにします。

ちなみに、底に沈んだ栄養豊富な玄米も食べられます。

なお、注意点としては、乳酸菌発酵する際に膨張してきますので、容器には豆乳の倍くらいの余裕があるものを使うようにすることをおすすめします。

おおよその固まる時間の目安としては、夏の時期は6~8時間、春と秋は約12時間、冬場で約24時間となっています。

※玄米豆乳ヨーグルトの増やし方
玄米の層が見えて来るぐらいまで食べたら豆乳500ccを加えるか、ヨーグルトの部分を大さじ3杯程度新しい容器に移し、豆乳約500ccを加えかき混ぜて30度くらいの暖かい場所で固まるまで蓋をせずに置きます。

【おすすめの豆乳ヨーグルトの食べ方】

 

21a0f842291aa3271865fb37c5164572_s

  • ・そのままプレーンヨーグルトとして
  • ・フルーツグラノーラと合わせる
  • ・はちみつやメープルシロップ、ジャムをかける
  • ・玄米フレークなどのシリアルとお好みのフルーツと合わせる
  • ・オリーブオイルや塩・コショウその他スパイスを加えたドレッシングとして
  • ・お好みの野菜や果物とスムージーにして

その他、あなたのアイデアでいろいろな食べ方を楽しんで、手作り豆乳ヨーグルトを健康維持に役立ててくださいね!

salad-405070_1920

スポンサードリンク おすすめ乳酸菌サプリメントレビュー記事まとめはこちらをクリック!

同じカテゴリー「豆乳ヨーグルト」の一覧

【豆乳ヨーグルトの作り方動画まとめ!】便秘・花粉症・アレルギーに効果的?

記事タイトル: 記事キーワード: 記事ディスクリプション: 腸内の善玉菌を増やして免疫力をアップさせて便秘・花粉症・アレルギーなどの他、美容効果も期待できるとされている豆乳ヨーグルトの作り方動画を紹介 […]

記事の続きを読む

便秘解消や美容と健康に嬉しいイソフラボンが豊富な豆乳ヨーグルトの作り方!

すでに多くの芸能人やタレント、美容マニアの方々に実践されている豆乳ヨーグルトですが、その効果にはどのようなものがあるのでしょうか? 【豆乳ヨーグルトの効果とは?】 豆乳ヨーグルトの効果には ・便秘解消 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

改善四朗のプロフィール

休日はロードバイクでサイクリングを楽しみながら、乳酸菌パワーで腸内環境を改善していつまでも若々しく健康を維持したい改善四朗です。

プロフィールの続きを読む
    スポンサーリンク
    グーグル検索
    カスタム検索
    アーカイブ
    カテゴリー

    Copyright© 2017 乳酸菌の効果でスルッと快腸に!【体内の善玉菌をキープして健康美人!】

    ページトップ