介護 情報

あなたの便秘は、もしかすると自分でも無意識のうちに受けているストレスが原因かもしれません。

MENU

ストレスによる便秘は自律神経の乱れから!

スポンサードリンク

春先や秋口は一日の中でも朝晩や日中で大きな寒暖差があったりして天候が変わりやすく、特に秋口は台風がきたり長雨があったりと体調を崩しやすい時期でもあります。

春や秋は過ごしやすい季節ですが、寒暖差や気圧の変化などによって身体が知らず知らずのうちにストレスを受け、それによって自律神経が乱れて便秘や体調不良になりやすい季節でもあるのです。

今回は、特に季節の変わり目に起こりがちな自律神経が乱れる原因や自律神経を整える方法をお伝えします。

自律神経とは?

自律神経とは、人間が生きて行くために必要な心臓を動かしたり、体温を調節したり食べ物を消化吸収したりと言った、自分の意思とは関係なく働き続ける神経のことです。

そして自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、交感神経は興奮神経と言われ、活発に活動したりする時に働く神経で、車に例えるとアクセルの役割をします。

副交感神経はリラックス神経と言われ、部屋でのんびりしたり眠っている時に働く神経で、車に例えるとブレーキの役割をします。

この2つの自律神経のバランスが、交感神経が優位になると心臓の拍動を増加させ、血流や血圧を上昇させます。

また副交感神経が優位になると、心臓の拍動が減少し血流が穏やかになり身体をリラックス状態にします。

つまり、この2つの自律神経のバランスを上手く整えることが身体のコンディションを良好に保ち、疲労回復や便秘改善などに繋がります。

 

自律神経を乱す原因

1) 季節の気温差による乱れ
春から夏にかけては血管を広げて熱を逃がし体温を下げる働きを促すために副交感神経が優位になります。

逆に秋から冬にかけては血管収縮させて熱を逃がさないように、交感神経が優位になります。

特に寒暖差の大きい初秋は、体温の調節をするのに副交感神経が優位になったり交感神経が優位になったりして自律神経が酷使されるために、知らず知らずの間に身体にストレスが掛かり自律神経の乱れにつながります。

2)気圧の変化による乱れ
日本周辺では夏の終わりから秋にかけて台風が多く発生し、気圧の変化が大きくなる季節です。

気圧が変化すると人はストレスを感じるため、交感神経が活発に働き始めます。

3)ストレスによる乱れ
もちろんストレスは気温や気圧の変化だけではなく、仕事や人間関係など日常生活のいたるところに潜んでいて、ストレスを感じると交感神経が過剰に働くため、自律神経の乱れにつながります。

特に男性は30代、女性は40代から副交感神経の働きが低下すると言われており、ストレスが溜まりやすくなりますので注意が必要です。

また、ストレス解消のためにと趣味やスポーツなど自分では楽しいと思う事をしているつもりでも、実際には自覚しないうちにストレスを感じていて、自律神経が乱れてしまう事があります。

このような状態が続くと自律神経のトータルパワーが下がり、やる気が出ない、常に疲労感がとれないなどの症状が現れ、知らないうちにうつ病になっていることもあります。

中でも最近特に問題になっているのが睡眠です。

本来、人が眠っている間は副交感神経が優位にならなければいけないのですが、ストレスの多い現代では交感神経が優位のまま睡眠に入っていることが多く、本人はちゃんと寝ているつもりでも質の良い睡眠がとれていないことが多いのです。

では、どのようにすれば質の良い睡眠を取る事ができて、自律神経のトータルパワーを高める事ができるのでしょうか。

 

自律神経のトータルパワーを高める方法

1) 睡眠の質を高める
順天堂大学医学部・小林先生が提案しているのが、寝る前に音楽を聴いて副交感神経を優位に働かせて自律神経を整える方法です。

その際に気を付けたいのが、その曲に対する思い入れの強い曲や好きな曲は避けること。172919

思い入れの強い曲や好きな曲は交換神経が反応してしまい、却って眠りの妨げになってしまいます。

昔の懐かしいスタンダードナンバーや、同じフレーズを繰り返えしたり一定のリズムの曲などがお薦めです。

>>順天堂大学医学部 小林弘幸先生監修・聞くだけで自律神経が整うCDブック<<

2)睡眠の質を高める入浴法
38℃くらいのぬるま湯にお腹までつかる半身浴は、副交感神経を優位にしてくれます。115608

ただし、夏場の暑い時期には却って身体の熱が冷めずに眠れない原因になる事もありますので、状況に応じて行うようにしましょう。

また、入浴は眠る1時間前までには済ませるように心がけましょう。

3)自律神経のトータルパワーを高める休日の過ごし方
休みの日だからと言ってだらだら過ごしてしまうと副交感神経の働きが優位になりすぎてしまい、逆に月曜日の出勤が辛くなってしまいます。

ですから、休日のお薦めは散歩や軽い運動をすることで五感が刺激されて、適度に交感神経が活性化します。

また外出する場合は、時間に追われないように早めの帰宅を心がけましょう。

帰宅が遅くなると、翌日の準備などが慌ただしくなってしまい、せっかくバランスが良くなっていた自律神経が乱れてしまいます。

4)腸内環境を整える
良質な睡眠と腸内環境は一見すると無関係なようですが、人がリラックスしたり幸福感を感じたりするために必要な「セロトニン」や「ドーパミン」という物質は、その殆どが腸で作られています。201684

腸内環境が良好に保たれて、セロトニンやドーパミンが脳に十分に供給されていれば、ストレスを感じにくくなり良質な睡眠を得られるようになる事で自律神経が安定しトータルパワーが高まります。

逆に腸内環境が悪化すると「セロトニン・ドーパミンの供給量が減少」>「ストレスでイライラ」>「不眠など眠りの質が低下」>「自律神経が乱れる」>「便秘・疲労の蓄積など体調悪化」などという負のスパイラルに陥ってしまう事になります。

 

>>腸内環境を良好に整えるお薦めのサプリメント<<

 

自律神経を安定させ、トータルパワーを高める方法まとめ

1) 自分がリラックスできる音楽を聴いて、質の良い睡眠を取る。
2) 38℃くらいのぬるま湯で半身浴をして副交感神経の働きを優位にする。
3) 休日は、散歩や軽い運動をして、適度に交感神経を活性化しておく。
4) 腸内環境を良好に保ち、幸せ物質のセロトニンやドーパミンが脳に十分に供給されるようにする。

このように、質の良い眠りと腸内環境を良好に保つことが、ストレスによる便秘の改善には大切です。

スポンサードリンク おすすめ乳酸菌サプリメントレビュー記事まとめはこちらをクリック!

同じカテゴリー「ストレスと便秘」の一覧

ストレスによる便秘は自律神経の乱れから!

春先や秋口は一日の中でも朝晩や日中で大きな寒暖差があったりして天候が変わりやすく、特に秋口は台風がきたり長雨があったりと体調を崩しやすい時期でもあります。 春や秋は過ごしやすい季節ですが、寒暖差や気圧 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

改善四朗のプロフィール

休日はロードバイクでサイクリングを楽しみながら、乳酸菌パワーで腸内環境を改善していつまでも若々しく健康を維持したい改善四朗です。

プロフィールの続きを読む
    スポンサーリンク
    グーグル検索
    カスタム検索
    アーカイブ
    カテゴリー

    Copyright© 2017 乳酸菌の効果でスルッと快腸に!【体内の善玉菌をキープして健康美人!】

    ページトップ