介護 情報

毎朝の悩みやモヤモヤ、膨張にサヨナラしませんか?体調維持におすすめの乳酸菌サプリメントやその他様々な乳酸菌の効果を紹介します。

MENU
乳酸菌の効果でスルッと快腸に!【体内の善玉菌をキープして健康美人!】 TOP  >  カンジダ , 乳酸菌の効果  >  何度も繰り返す性器カンジダ症(カンジダ膣炎)には乳酸菌が効果的!

何度も繰り返す性器カンジダ症(カンジダ膣炎)には乳酸菌が効果的!

スポンサードリンク

カンジダ症は特に女性に多く見られ、約10%~20%の方に膣の中でカンジダ菌が検出されると言われています。

カンジダ膣炎と聞くとよく性病と思われがちですが、カンジダ菌は真菌(カビ)の一種で、膣などの性器周辺以外にも皮膚や口の中、腸など殆どの人に棲みついている常在菌で、殆どの場合は特に何の影響も与えません。

■性器カンジダ症(カンジダ膣炎)が発症する原因

通常、膣の中には乳酸菌の一種であるデーデルライン桿菌(かんきん)が棲みついていて、殺菌力がある乳酸を作り出す事で膣内を弱酸性に保ち、外界からの微生物やカビの侵入を防いでいます。

しかし、生理やピルの服用、妊娠、ストレスなどでホルモンバランスが崩れたり、疲れや体調不良で体の抵抗力が衰えていると、このデーデルライン桿菌の働きが弱まります。

これによって膣内の自浄作用が低下すると、常在菌であるカンジダ菌が異常増殖し、かゆみや塊り状のおりものなどの症状が出る原因となります。

germ-158107_1280

 

また、抗生物質などの服用によって病原菌と共に善玉菌など他の良い働きをする細菌も死滅すると、体内の常在菌バランスが崩れて真菌であるカンジダが異常増殖する原因となる場合があります。

因みに、性器カンジダ症は女性だけでなく男性にも発症しますが、男性器は体外に露出しているため通気性が良く、湿度や温度などがカンジダ菌が増殖しやすい環境にないために、カンジダ症の発症は極めて少ないようです。

ただし包茎の人はやや発生率が上がる傾向にあるようですから、注意が必要です。

■性器カンジダ症の症状

強いかゆみと共に、ズキズキとした痛みを伴う場合があり、白く濁ったドロッとしたおりものや、酒粕、カッテージチーズ、ヨーグルト、豆腐くずなどのような、かたまり状のおりものがみられます。

また、膣口や陰唇が赤く腫れて炎症を起こす事もあります。

男性の場合は亀頭が赤く腫れたり、亀頭からの分泌物がみられます。

■性器カンジダ症の治療方法      

基本 CMYK

主な治療法は、膣座薬の挿入や抗真菌薬の軟膏の塗布、ビタミン剤・乳酸菌整腸薬の内服などが効果的とされています。

症状が現れた後に適切な治療を行えば短期間で治る場合が殆どのようですが、過労やストレスなどの発生原因となる生活習慣を持っている人は、再発を繰り返したり慢性化する恐れもありますので注意が必要です。

また、どうしても病院などの医療機関に行けない場合の民間療法としては、乳酸菌を多く含む漬け物や味噌などの発酵食品やヨーグルト、乳酸菌サプリメントなどを積極的に摂取して体内の善玉菌を増やし、カンジダ症の症状を緩和する方法もあります。

さらに、カンジダ菌による膣炎の場合のみ有効な方法ですが、ヨーグルト療法」と言って膣周辺や膣内に直接ヨーグルトを塗る方法もあります。

 

ヨーグルト療法のやり方

この方法は、朝の起床時と夜の入浴後の一日2回行います。

やり方は、かゆみの状態が比較的軽いときは、ヨーグルト小さじ1杯分を手に取り外陰部に塗りつけます。

症状が軽い場合は一晩でよくなる場合もあります。

かゆみがひどい場合は、カンジダ菌が膣内でも増殖していることが考えられますので、小さなスプーン1杯分のヨーグルトを膣内に入れます。

スプーンでうまく膣内に流し込めない場合は、タンポンにヨーグルトを染み込ませて挿入すると言う方法もありますので試してみて下さい。

また、ヨーグルトを膣内に入れた場合は下着や服を汚さないように、できるだけ通気性の良い生理用ナプキンを当てておくことをおすすめします。

この時に使うヨーグルトは無糖のプレーンヨーグルトでアシドフィルス菌が入っているヨーグルトが有効とされています。

以上の処置を行う事で、たいていは一晩でかゆみが治まることが多いようですが、あくまでもカンジダ症を繰り返してしまう人の治療法であり、2~3日行っても症状の改善がみられない場合は病院での治療をお勧めします。

なお、カンジダ症の治療では患部を清潔に保つことが大切ですが、清潔にしようとするあまりに膣周辺を石鹸やボディーソープなどでゴシゴシ洗わないようにして下さい。

石鹸やボディーソープなどで膣周辺をゴシゴシ洗ってしまうと、膣内のデーデルライン桿菌のバリアも一緒に洗い流してしまうために、症状を悪化させる恐れがあります。

従って、入浴時にはぬるま湯で膣周辺を丁寧に洗い流す程度に済ませ、お風呂上りには水気をよく拭き取って綿などの通気性の良い下着を身に付けるようにして下さい。

■性器カンジダ症(カンジダ膣炎)のまとめと予防策

  • ・性器カンジダ症(カンジダ膣炎)は生理やピルの服用、妊娠、ストレスなどでホルモンバランスが崩れたり、疲れや体調不良で体の抵抗力が衰え、膣内のデーデルライン桿菌の働きが弱まる事で発症します。
  • ・性器カンジダ症(カンジダ膣炎)の代表的な症状は、強いかゆみと共に、白く濁ったドロッとしたおりものや、酒粕、カッテージチーズ、ヨーグルト、豆腐くずなどのような、かたまり状のおりものがみられます。
  • ・主な治療法は、「膣座薬の挿入」や「抗真菌薬の軟膏の塗布」「ビタミン剤・乳酸菌整腸薬の内服」などが有効ですが、手軽な民間療法として「ヨーグルト療法」があります。
  • ・入浴時の注意点としては、患部(膣周辺)を石鹸やボディーソープで過剰に洗わずに、ぬるま湯でていねいに洗う程度に済ませます。
  • ・予防と再発を防止するためには、乳酸菌を多く含む漬け物や味噌、ヨーグルト、乳酸菌サプリメントなどの発酵食品を積極的に摂取するなどバランスのとれた食生活を心がけるのと同時に、ストレスの掛かる生活習慣を見直してカンジダ菌が増殖しにくい身体環境に整えることが重要です。

カンジダ症に有効な乳酸菌サプリメントはこちら!

スポンサードリンク おすすめ乳酸菌サプリメントレビュー記事まとめはこちらをクリック!

同じカテゴリー「カンジダ」の一覧

何度も繰り返す性器カンジダ症(カンジダ膣炎)には乳酸菌が効果的!

カンジダ症は特に女性に多く見られ、約10%~20%の方に膣の中でカンジダ菌が検出されると言われています。 カンジダ膣炎と聞くとよく性病と思われがちですが、カンジダ菌は真菌(カビ)の一種で、膣などの性器 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

改善四朗のプロフィール

休日はロードバイクでサイクリングを楽しみながら、乳酸菌パワーで腸内環境を改善していつまでも若々しく健康を維持したい改善四朗です。

プロフィールの続きを読む
    スポンサーリンク
    グーグル検索
    カスタム検索
    アーカイブ
    カテゴリー

    Copyright© 2017 乳酸菌の効果でスルッと快腸に!【体内の善玉菌をキープして健康美人!】

    ページトップ