介護 情報

豆乳と乳酸菌ではどちらが便秘に効果的なのかを解説しています。

MENU
乳酸菌の効果でスルッと快腸に!【体内の善玉菌をキープして健康美人!】 TOP  >  豆乳と乳酸菌  >  豆乳は便秘解消に効果的って言うけど、乳酸菌とどちらが効果的?

豆乳は便秘解消に効果的って言うけど、乳酸菌とどちらが効果的?

スポンサードリンク

豆乳「豆乳」は、低カロリーで栄養をバランス良く含んでおり、特に大豆に含まれる女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが手軽に摂れるのが魅力です。

 

しかし、豆乳にはそれ以外にも美肌効果やダイエット効果が期待できるようですが、ここでは豆乳と乳酸菌の便秘解消効果について解説します。

 

豆乳に含まれている便秘解消に効果的な成分とは?

豆乳に含まれている成分の中でも便秘に有効なのは、オリゴ糖とマグネシウムが挙げられます。

 

オリゴ糖には大腸の善玉菌のエサとなって活性化させる働きがありますので、腸内環境を改善して便秘の解消に役立ちます。

 

また、マグネシウムには水分を吸着する働きがありますので、便を柔らかくすると同時に、便のカサを増して大腸に刺激を与えて、腸の蠕動(ぜんどう)運動を促す効果があります。

 

その他、豆乳に含まれている成分と、その役割を紹介しておきます。

 

  • ■大豆イソフラボン
    体内で女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするため、生理不順の改善、更年期障害、乳がん、骨粗しょう症の予防などに効果があるといわれています。

 

  • ■大豆サポニン
    腸内の絨毛を縮小させ、脂肪、糖質の吸収を遅らせたり、満腹中枢を刺激して食欲を抑え、食べすぎを予防する効果があります。

 

  • ■大豆ペプチド
    体脂肪の燃焼をうながし、基礎代謝量を増加させる効果があるため、軽い運動でも脂肪を燃焼させる効果が期待できます。

 

  • ■大豆タンパク質
    体内の余分な脂質やコレステロールを吸着して排出し、コレステロールや中性脂肪値を下げる働きがあります。 

    また、体脂肪の燃焼を促進し、体脂肪の蓄積を抑える効果があります。

 

  • ■ビタミンE
    血行を促進し、美肌効果や肩こり、腰痛の緩和にも効果的です。

 

また、ホルモンの分泌を盛んにして若返り効果も期待できます。

 

  • ■8種類の必須アミノ酸
    生命維持活動をサポートする効果があります。

 

  • ■ビタミンB1、B2、B6
    肌のキメを整えたり、集中力をアップする効果が期待できます。

 

  • ■レシチン
    悪玉コレステロールを減少させる効果や記憶力、集中力を高め、脳の老化防止効果も期待できます。

 

  • ■不飽和脂肪酸
    血管に付着したコレステロールを減少させます。

 

  • ■リノール酸
    善玉コレステロールを増加させ、悪玉コレステロールを減少させる効果がありますので、動脈硬化の予防が期待できます。

 

  • ■鉄分
    同じ量の牛乳の10倍以上含まれているとされています。

 

  • ■カリウム
    体内の余分な塩分を排出したり、細胞活性化、血圧安定などの効果があります。

 

  • ■マグネシウム
    体内の水分を吸着して便を柔らかくしたり、心臓や血管、神経やホルモン分泌臓器などのバランスを調整します。

 

  • ■オリゴ糖
    腸内にあるビフィズス菌や乳酸菌の栄養源となり、腸内環境を整えたり改善します。 

    便通がよくなることで、美肌、ダイエット効果が期待できます。

 

なお、大豆には便秘の解消に有効とされている食物繊維が100g中に6.8gと豊富に含まれていますが、豆乳になってしまうと100g中にわずか0.2gしか含まれていません。

 

つまり、食物繊維のほとんどが豆乳の搾りかすのオカラに含まれていると言う事なのです。

 

ただ、最近ではこのオカラに含まれている食物繊維を豆乳に配合させている商品も販売されているようですから、便秘解消目的ならばそう言った商品を選ぶのが良いでしょう。

 

ここまで、豆乳の便秘解消効果についてお話してきましたが、結局豆乳と乳酸菌ではとっちが便秘に効くのか?という疑問が解消されていませんよね。

 

では、豆乳と乳酸菌ではどちらが便秘に効くのでしょうか?

 

豆乳と乳酸菌ではどちらが便秘に効果的?

これには明確に答える事はできませんが、直接大腸に働くのは「豆乳」です。

 

そもそも、乳酸菌と豆乳に含まれているオリゴ糖やマグネシウムは働く場所が違います。

 

乳酸菌は主に小腸で善玉菌として働き、オリゴ糖やマグネシウムは主に大腸で働きますから、便秘解消に直接働きかけるのは、「豆乳」と言う事になります。

 

しかし、食べたものが便として大腸にたどり着くまでに、6メートル以上もあると言われている小腸を必ず通らなければなりません。

 

と言う事は、いくら大腸の環境を良くしても、その手前にある小腸の環境が悪ければ、小腸の悪玉菌が大腸にも影響を及ぼし、結果的には腸内環境の悪化を招くことになります。

 

ですから、豆乳と乳酸菌はどちらが便秘に効くと言うのではなく、どちらもバランスよく摂取して、腸全体の環境を整えることが便秘の解消には一番効果的と言えるのではないでしょうか。

 

豆乳と乳酸菌ではどちらが便秘に効果的?まとめ

  • ■便秘に直接働きかけるのは「豆乳」です。

 

  • ■しかし、腸全体の環境を整えるためには、小腸に働きかける乳酸菌もバランスよく摂取する事が、便秘解消には大切です。

 

豆乳は便秘解消以外にも栄養豊富な成分を含み、美と健康の維持に効果的な飲み物ですから積極的に摂って頂くと同時に、日頃から漬物やヨーグルトなどの乳酸器を多く含む食品を摂る事で、便秘になりにくい体質に改善されます。

 

>>おすすめのオリゴ糖はこちら

 

>>オススメの乳酸菌サプリメントはこちら

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク おすすめ乳酸菌サプリメントレビュー記事まとめはこちらをクリック!

同じカテゴリー「豆乳と乳酸菌」の一覧

【豆乳ヨーグルトの作り方動画まとめ!】便秘・花粉症・アレルギーに効果的?

記事タイトル: 記事キーワード: 記事ディスクリプション: 腸内の善玉菌を増やして免疫力をアップさせて便秘・花粉症・アレルギーなどの他、美容効果も期待できるとされている豆乳ヨーグルトの作り方動画を紹介 […]

記事の続きを読む

豆乳は便秘解消に効果的って言うけど、乳酸菌とどちらが効果的?

「豆乳」は、低カロリーで栄養をバランス良く含んでおり、特に大豆に含まれる女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが手軽に摂れるのが魅力です。   しかし、豆乳にはそれ以外にも美肌効果やダイエ […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

改善四朗のプロフィール

休日はロードバイクでサイクリングを楽しみながら、乳酸菌パワーで腸内環境を改善していつまでも若々しく健康を維持したい改善四朗です。

プロフィールの続きを読む
    スポンサーリンク
    グーグル検索
    カスタム検索
    アーカイブ
    カテゴリー

    Copyright© 2017 乳酸菌の効果でスルッと快腸に!【体内の善玉菌をキープして健康美人!】

    ページトップ