介護 情報

高齢者の便秘に対する乳酸菌の有効性と、高齢者の便秘対策について解説します。

MENU
乳酸菌の効果でスルッと快腸に!【体内の善玉菌をキープして健康美人!】 TOP  >  高齢者の便秘と乳酸菌  >  高齢者の便秘に乳酸菌は効果があるの?【高齢者の便秘対策】

高齢者の便秘に乳酸菌は効果があるの?【高齢者の便秘対策】

スポンサードリンク

048889加齢にともない、便秘に悩む高齢者が増えています。

 

高齢者のお世話や介護をする中で、最も辛いのが排泄のお世話ですよね。

 

自然にスルッと出てくれると、お世話する方もされる方もお互いに気持ち的にも身体的にも楽ですから、できるだけ便秘にはならないようにしたいものです。

 

厚生労働省の平成22年国民生活基礎調査によると、日本人の便秘有症者の年齢・性別の調査では、若い頃は女性の割合が多く見られますが、50代を過ぎると男性の便秘も増え始め、75歳以降では男女でほぼ同じ人数になります。

 

このように、高齢になるにつれて便秘は男女ともに共通の悩みとなっているようです。

 

では、どうして高齢者には便秘が増えるのでしょうか?

 

基本 CMYK高齢者が便秘になる理由と対策!

  • ■消化器系などの内臓機能の低下

高齢になると、肉体的な老化と共に胃や腸などの消化器官の働きも悪くなります。

 

特に腸内のビフィズス菌などの善玉菌が減少して悪玉菌が優勢になると、便秘以外にも「体臭」「口臭」「うつなどの精神疾患」「ガン」などの症状の重い病気にまで及ぶ事もあります。

 

  • 対策:

内臓機能の低下には、乳酸菌やビフィズス菌で腸内環境を改善することが効果的です。

 

消化が良く栄養価の高い食事をこころがけて、乳酸菌を多く含む漬物やヨーグルトなどの発酵食品や、オリゴ糖を含む穀物などで腸内環境を改善しましょう。

 

ヨーグルトが苦手などで、食事だけでは乳酸菌がなかなか摂れない場合は、サプリメントなどで補うのも一つの方法です。

 

>>熱に強く食事に混ぜて使える、オススメの乳酸菌サプリメント

 

>>腸内のビフィズス菌を増やす、おすすめのオリゴ糖

 

  • ■食事量や水分量の不足

高齢になってくると、活動量の低下や消化機能の低下によって食事の量が減少します。

 

そうなると、当然ながら便のモトが少ないですから、便の量も減ることになり、腸内に長く停滞することになりますので、便の水分がどんどん吸収され、固くなり、便秘が慢性化していきます。

 

さらに、食事と共に補給されていた水分の量も減少しますので、ますます便秘になりやすくなります。

 

また、高齢になってくると、喉の渇きを感じにくくなって水分の補給を十分にできなかったり、トイレに行くのがおっくうだったり、尿漏れを気にして水分を取らなくなる、などという事も水分不足になる要因の一つです。

 

  • 対策:

食事の量を増やしたり、ただお水を飲むと言うのもなかなか辛いことですから、便を柔らかくしたり、便の量を増やす働きのある食物繊維と水分が同時に摂れるお茶を飲んで頂くことをオススメします。

 

このお茶は、便を柔らかくする「水溶性食物繊維」と便の量を増やして、腸の働きを刺激する「不溶性食物繊維」が入っていて、しかもノンカフェインですから、高齢者の水分補給にはもってこいのお茶です。

 

また、食物繊維は善玉菌を増やすサポートもしますので、腸内環境を整えるにも積極的に摂る事が大切になってきます。

 

>>>水分補給と腸内環境を整えるおすすめのお茶はこちら

 

  • 薬の副作用によるもの

高齢になると、血圧や通風、糖尿病などの何かしらの持病薬を常に服用する事が多くなります。

特に、便秘になりやすいとされている薬は、「抗生物質」や「抗うつ」の薬なのですが、自分が飲んでいる薬の副作用には、どのようなものがあるのか、きちんと確認しておくことも大切です。

 

  • 対策:

自分が飲んでいる薬の効果や副作用などを、あらかじめ医師、薬剤師に相談して、きちんと把握おくことが大切です。

 

  • ■筋力の低下

人は加齢にともなって行動量が少なくなってきますので、筋肉量が減少して行きます。

 

そうなると、便を押し出すために必要な腹筋や、腸そのものを動かす蠕動(ぜんどう)運動が正しく行われなくなりますので便秘になりやすくなります。

 

また、運動不足になると身体の新陳代謝も悪くなり、腸内の老廃物が排出されにくくなりますので、腸内環境が悪化する事でも便秘を引き起こします。

 

  • 対策:

高齢になると、思うように歩けなくなったり、ケガを恐れて積極的に運動する事を控えてしまう場合も多くなります。

 

しかし、寝たきりの場合を除いて、便秘の予防には無理のない範囲内で、散歩や畑仕事などの適度な運動を生活に取り入れることが大切です。

 

また、椅子に座ったままでも出来る体操などもありますので、膝が痛かったり、腰に不安がある場合はそういった体操を取り入れてみるのも一つの方法です。

 

108563高齢者の便秘に乳酸菌は効果があるの?まとめ。

高齢者の施設で、下剤を使っても2週間に1度しか排便がなかった女性たちに、ヨーグルトを毎日300グラム以上食べてもらったところ、ほとんどが1週間程度で、排便できるようになった。

 

などというデータもありますから、高齢者の便秘にも乳酸菌は効果があると言えるでしょう。

 

しかし、この例のようにヨーグルトを毎日300グラム以上食べるというのも大変ですから、乳酸菌サプリメントなどと併用するなどして、上手に乳酸菌を生活に取り入れる事が便秘解消のポイントです。

 

その他、高齢者の便秘は以下の事に注意するように心がけましょう。

  • 1)水分をしっかりとること
  • 2)オリゴ糖や食物繊維を含む食品を取り入れること
  • 3)持病薬の副作用をきちんと把握すること
  • 4)適度な運動をすること

高齢者の便秘は、無理に排便しようと息んで脳卒中で倒れたり、大腸がんや思わぬ病気を引き起こす要因ともなりますので、日頃の生活習慣で足りない栄養素や水分を乳酸菌サプリメントやノンカフェインのお茶などで補って、便秘にならないように心がけましょう。

 

改善四朗が効果を実感した乳酸菌ランキング

 

スポンサードリンク おすすめ乳酸菌サプリメントレビュー記事まとめはこちらをクリック!

同じカテゴリー「高齢者の便秘と乳酸菌」の一覧

高齢者の便秘に乳酸菌は効果があるの?【高齢者の便秘対策】

加齢にともない、便秘に悩む高齢者が増えています。   高齢者のお世話や介護をする中で、最も辛いのが排泄のお世話ですよね。   自然にスルッと出てくれると、お世話する方もされる方もお […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

改善四朗のプロフィール

休日はロードバイクでサイクリングを楽しみながら、乳酸菌パワーで腸内環境を改善していつまでも若々しく健康を維持したい改善四朗です。

プロフィールの続きを読む
    スポンサーリンク
    グーグル検索
    カスタム検索
    アーカイブ
    カテゴリー

    Copyright© 2017 乳酸菌の効果でスルッと快腸に!【体内の善玉菌をキープして健康美人!】

    ページトップ