介護 情報

「強さひきだす乳酸菌」というキャッチフレーズで販売されている、R-1ヨーグルトの便秘解消効果について解説します。

MENU

R-1 乳酸菌は便秘に効果があるの?

スポンサードリンク

R-1乳酸菌R-1乳酸菌はブルガリア菌の一種で、正式名称は「ラクトバチルス・ブルガリスク・OLL1073R-1」という名前の乳酸菌で、菌種番号の最後の文字を取ってR-1と略されて呼ばれています。

 

つまり、結論から言うと、もともと整腸作用があるブルガリア菌の一種と言う事ならば、当然ですが便秘解消効果も期待できると言う事です。

では、なぜR-1ヨーグルトは「強さひきだす乳酸菌」というキャッチフレーズで販売されているのでしょうか?

 

R-1乳酸菌は、なぜ強さをひきだすのか?

R-1乳酸菌は※EPS(菌体外多糖)と言う物質を作り出すのですが、EPSは体内の免疫細胞に働きかけて、がん細胞やウイルスなどを攻撃・破壊するNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化させる働きがあります。

 

NK細胞は、常に体内を巡回パトロールしている免疫細胞で、体内に侵入したがん細胞やインフルエンザウイルスなどを見つけると同時に、攻撃・破壊する人の免疫機能には欠かせない細胞です。

 

すなわち、R-1乳酸菌を摂り続けることでNK細胞が活性化されて免疫力が上がり、ウイルスなどに負けない「免疫の強さをひきだす」ということなのです。

 

  • EPS(菌体外多糖)とは、エキソ・ポリ・サッカライドの略で、ヨーグルトなどに含まれる場合はネバリのある食感になります。

 

ヨーグルト以外には、キノコや海藻類などにもEPSが含まれるものがありますが、その量はごくわずかですからヨーグルトやサプリメントで摂るのがおすすめです。

 

ちなみに、乳酸菌サプリメントではカスピ海ヨーグルトから作られた「フジッコの善玉菌のチカラ」にEPSが配合されていますので、ヨーグルトや乳酸菌飲料が苦手な方は、そちらを試してみる事をおすすめします。

 

R-1 乳酸菌の便秘解消効果、まとめ

  • ■R-1乳酸菌はブルガリア菌の一種ですから、腸内環境を整えて便秘を解消する効果は期待できます。
  • ■R-1乳酸菌が作りだすEPSには免疫細胞のNK細胞を活性化させる働きがありますので、飲み続ける事でウイルスなどの外敵に対する免疫力が強化され、風邪やインフルエンザに掛かりにくい強い身体を作ります。

 

ただし、乳酸菌には人それぞれの相性があり、全ての人に効果がある訳ではありませんので、2週間続けてみて効果が感じられない場合は、他の乳酸菌を試してみるようにしましょう。

体内の善玉菌は加齢と共に減って行きますので、腸内環境を正常に保つためにも、乳酸菌は常に補給するように心掛けましょう。
明治ヨーグルトR-1 ドリンクタイプ 【112ml×24本】

スポンサードリンク おすすめ乳酸菌サプリメントレビュー記事まとめはこちらをクリック!

同じカテゴリー「R-1乳酸菌」の一覧

R-1 乳酸菌は便秘に効果があるの?

R-1乳酸菌はブルガリア菌の一種で、正式名称は「ラクトバチルス・ブルガリスク・OLL1073R-1」という名前の乳酸菌で、菌種番号の最後の文字を取ってR-1と略されて呼ばれています。   つ […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

改善四朗のプロフィール

休日はロードバイクでサイクリングを楽しみながら、乳酸菌パワーで腸内環境を改善していつまでも若々しく健康を維持したい改善四朗です。

プロフィールの続きを読む
    スポンサーリンク
    グーグル検索
    カスタム検索
    アーカイブ
    カテゴリー

    Copyright© 2017 乳酸菌の効果でスルッと快腸に!【体内の善玉菌をキープして健康美人!】

    ページトップ