介護 情報

NHKスペシャル「腸内フローラ 解明!驚異の細菌パワー」で放送されていた「腸内フローラ」とは、人の身体でどのような役割を果たしているのでしょうか?

MENU
乳酸菌の効果でスルッと快腸に!【体内の善玉菌をキープして健康美人!】 TOP  >  腸内フローラ  >  NHKでも放送されていた、腸内フローラの役割って何?

NHKでも放送されていた、腸内フローラの役割って何?

スポンサードリンク

NHKスペシャル「腸内フローラ 解明!驚異の細菌パワー」でも放送された、腸内フローラの「フローラ」とは花畑と言う意味で、腸内菌が種類ごとに集団を作っている花畑に例えられることから、「腸内フローラ」と呼ばれています。

 

そして、人間の腸内に棲みついている腸内菌の数は100種類以上、個数は約100兆個にもなり、成人一人に存在する腸内細菌の重量は約1kg~1.5 kgにもなるとされています

 

特に大腸には、さまざまな種類の腸内菌が種類ごとに集団を作って腸内の粘膜に常在菌として棲みついています。

 

この腸内菌の集団は、まるで植物が種類ごとに集団を作って群れている花畑の様子に例えられて、「腸内フローラ」(腸内細菌叢:ちょうないさいきんそう)と呼ばれています。

 

では、腸内フローラは人間の身体にとってどのような役割を果たしているのでしょうか?

 

腸内フローラの役割

pestis-541948_1280

「腸内フローラ」の腸内細菌の数はおよそ100兆個で、その種類は一人あたり数百種類の腸内細菌が棲みついていると言われています。

 

そして、その細菌の構成は人の顔や性格が個人ごとに違うように、食生活や年齢などによって一人ひとり違っています。

 

また、「腸内フローラ」の状態は生活習慣や年齢、環境、ストレスなどによっても変化します。

 

この腸内フローラは、健康な人の腸内では良好なバランスに保たれており、有用な作用として、病原菌の侵入を防いだり、免疫力の活性化、ビタミンの産生などの働きをしています。

 

しかし、腸内フローラのバランスが悪化すると、腸内で腐敗が起こりアンモニアやフェノール、インドールなど人の健康にとって有害な物質が発生します

 

これらの有害物質がくさいオナラの原因になったり、便秘や下痢を引き起こし、さらには有害物質が腸管から吸収され、血液を通して全身をめぐりさまざまな内臓疾患の原因となったりします

 

また、それらの有害物質に対抗して活性酸素が作られるため、老化を促進させたり、動脈硬化などのさまざまな生活習慣病の原因になることもあります。

 

では、腸内フローラのバランスを良好に保つためにはどのようにすれば良いのでしょうか?

 

腸内フローラを良好に保つ方法

033

腸内フローラの細菌の構成は一人ひとり違いますが、大きく分けて「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類に分類する事ができます。

 

では、それぞれの役割を説明します。

 

  • ■善玉菌(ぜんだまきん)

ヒトの体内で病原菌の侵入を防いだり、免疫力の活性化、ビタミンの産生などに有用な働きをする菌です。

 

代表的な細菌には「ビフィズス菌」や「乳酸菌」が挙げられます。

 

 

  • ■悪玉菌(あくだまきん)

別名腐敗菌とも呼ばれ、腸内の中を腐らせたり便秘や下痢を引き起こし、免疫力を低下させたり有毒物質を作る菌です。

 

代表的な細菌には「ウェルシュ菌」「ブドウ球菌」「ベーヨネラ」などが挙げられます。

 

  • ■日和見菌(ひよりみきん)

善玉菌とも悪玉菌ともいえず、腸内フローラの状態が善玉菌優勢のバランスの時には善玉菌の役割を助けて、体調が崩れたりして悪玉菌が優勢のときには悪玉菌として働く菌です。

 

代表的な細菌には「大腸菌」「バクテロイデス」などが挙げられます。

 

 

「腸内フローラ」は常に善玉菌優勢であることが望ましく、一般に健康な人の腸内では「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の割合が2:1:7と善玉菌優勢で存在している事が理想的とされています。

 

ただし、善玉菌は年齢を重ねるとだんだん減少し、40歳を過ぎるころからは急激に減少するため、腸内フローラのバランスは悪玉菌優位に変化していきます。

 

ですから、善玉菌を常に優位な状態にしておくためには、善玉菌のサポートをする「ビフィズス菌」や「乳酸菌」、さらに善玉菌のエサとなって活性化させる「オリゴ糖」などを常に補給する必要があるのです。

 

実際にはビフィズス菌は「ヨーグルト」などに配合されているのが一般的で、乳酸菌は「チーズ」や「味噌」「キムチ」「ぬか漬け」「塩麹」などの発酵食品が乳酸菌を多く含んでいます。

 

オリゴ糖については、「玉ねぎ」や「キャベツ」「ジャガイ」「ニンニク」「トウモロコシ」「アスパラガス」「ごぼう」「大豆」などに含まれていますが、その量はわずかですから製品化された「オリゴ糖」を摂るのが効率的です。

 

このように、常にバランスの良い食事を心掛ける事で、普段の食事から善玉菌に有効な栄養素を補給する事は可能ですが、現代人は忙しかったり、食生活が乱れがちになりますので、サプリメントなどで乳酸菌オリゴ糖などを手軽に補給するのも一つの方法です。

 

腸内フローラの役割、まとめ

026

このように、腸内フローラは人の身体を健康に保つために重要な役割を果たしています。

 

常に人の身体に有用な働きをする善玉菌を優勢にし、有害な働きをする悪玉菌を劣勢に保つことが、私たちの快適な暮らしを守る上で大切な事であると言えます。

スポンサードリンク おすすめ乳酸菌サプリメントレビュー記事まとめはこちらをクリック!

同じカテゴリー「腸内フローラ」の一覧

【森永製菓】シールド乳酸菌タブレットレビュー!

2016年9月から「“たべるマスク”」(現在は「食べるシールド乳酸菌」)のキャッチフレーズと目立つ赤いパッケージで登場した森永製菓の「シールド乳酸菌タブレット」! こんなに目立つパッケージなのですが、 […]

記事の続きを読む

腸内フローラの腸内細菌群の構成は3歳までに決まる!【腸内フローラができるまで】

私たち人間の腸内には、約100兆個もの細菌が棲みついおり、その重量は約1.5㎏にもなると言われています。 その100兆個の細菌たちは、腸内でバラバラに棲みついているのではなく、それぞれ同じ仲間同士がひ […]

記事の続きを読む

NHKでも放送されていた、腸内フローラの役割って何?

NHKスペシャル「腸内フローラ 解明!驚異の細菌パワー」でも放送された、腸内フローラの「フローラ」とは花畑と言う意味で、腸内菌が種類ごとに集団を作っている花畑に例えられることから、「腸内フローラ」と呼 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

改善四朗のプロフィール

休日はロードバイクでサイクリングを楽しみながら、乳酸菌パワーで腸内環境を改善していつまでも若々しく健康を維持したい改善四朗です。

プロフィールの続きを読む
    スポンサーリンク
    グーグル検索
    カスタム検索
    アーカイブ
    カテゴリー

    Copyright© 2017 乳酸菌の効果でスルッと快腸に!【体内の善玉菌をキープして健康美人!】

    ページトップ