介護 情報

乳酸菌には花粉症の症状を軽減する効果も報告されています。これはいったいどういう事なのでしょうか?なぜ乳酸菌で花粉症の症状を軽くすることができるのでしょうか?

MENU
乳酸菌の効果でスルッと快腸に!【体内の善玉菌をキープして健康美人!】 TOP  >  乳酸菌とアレルギー  >  乳酸菌は花粉症に効果あり?【便秘以外に花粉症にも効くの?】

乳酸菌は花粉症に効果あり?【便秘以外に花粉症にも効くの?】

スポンサードリンク

026花粉症の治療法で治療を受けた7割から8割の患者に効果が認められたとして、「舌下免疫療法」が注目されています。

 

この「舌下免疫療法」は2014年から「杉花粉症」に限って保険適用になって注目されている治療法ですが、全ての人が受けられるわけではなく、「12歳以下の子供」や「喘息」「高血圧」などの疾患がある人は受ける事ができません。

 

また、「舌下免疫療法」を行っている病院や医療機関も限られている上に、治療期間が2~3年と長期間必要になる治療法ですから、なかなか気軽に行える治療法ではありません。

 

そこでおすすめしたいのが、乳酸菌です。

 

乳酸菌は腸内の善玉菌を増やして、便秘の解消や肌荒れの改善に効果的と言う事はよく知られていますが、最近では特定の乳酸菌が花粉症の症状を軽減する効果も確認されたというデータが報告されています。

 

これは、特定の乳酸菌が身体の免疫細胞に働きかけて、より免疫力を強化するためとされています。
033

 

では、特定の乳酸菌がいったいどのような仕組みで免疫力の強化に役立っているのでしょうか?

 

 

乳酸菌が免疫力を強化する仕組み

いろいろな研究や実験の結果、ある種類の乳酸菌には抗体を作らせる細胞の働きを抑制する効果や、ウイルスや異物などの外敵を攻撃する細胞を助けて外敵そのものを減らしたりする効果がある事が報告されています。

 

つまりは過剰な防衛反応を抑えたり、異物を無毒化する事によってアレルギー症状の緩和に役立つと言う事です。

 

もう少し詳しく、乳酸菌が免疫力に与える効果と、人の免疫システムについて簡単にお話します。

 

人の免疫に係わっている細胞には大まかに次のような細胞があります。

 

  • ※免疫機能に係わる細胞の種類
  • ■マクロファージ

常に体内をパトロールして細菌や異物などの外敵を取り込んで消化するとともに、その抗原としての情報をヘルパーT細胞などに伝える役割をします。

 

  • ■ヘルパーT細胞

マクロファージから受け取った情報を分析してTh1細胞とTh2細胞に指令を出す司令官の役割をします。

 

  • ■Th1細胞

ヘルパーT細胞から指令を受けるとキラーT細胞を作り出し、マクロファージと共にウイルスなどの外敵を攻撃・破壊します。

 

  • ■Th2細胞

ヘルパーT細胞から指令を受けるとB細胞に抗体を作り出す指令を出します

 

  • ■B細胞

体内に侵入してきたウイルスや外敵の情報を記憶して、Th2細胞からの指令を受けるとIgE抗体を作り出し放出する働きをします。

 

この時、IgE抗体が過剰に放出されるとアレルギー症状が引き起こされます。

 

  • ■NK細胞(ナチュラルキラー細胞)

リンパ球の一種で、常に体内をパトロールしながら、ウイルスに感染した細胞などを見つけ次第攻撃し破壊する、免疫機能の中でも最前線で活躍するリンパ球です。

 

NK細胞はマクロファージなど他の免疫細胞よりも即戦力として単独で働き、攻撃的性が非常に高いのが特徴ですが、その強い攻撃性から時として自己を攻撃する可能性があり、その活動は厳密にコントロールされています。

 

 

以上のような細胞の活躍によって私たちの体はウイルスや有害物質などの外敵から守られています。

では、どのような流れで免疫機能が働くのでしょうか?

 

  • ※免疫機能が働く流れ

 

※アレルギー症状が出ないパターン

マクロファージ > ヘルパーT細胞 > Th1細胞 > キラーT細胞 > 外敵を攻撃

 

※アレルギー症状が出るパターン

 マクロファージ > ヘルパーT細胞 > Th2細胞 > B細胞 > 抗体製造 > アレルギー症状発症

 

※NK細胞

NK細胞 > 外敵発見 > 攻撃・破壊

 

 

 

通常は、「マクロファージ」が体内をパトロールして、ウイルスや異物を発見すると攻撃を仕掛けると同時に「ヘルパーT細胞」に異常発生のシグナルを出します。

 

異常発生のシグナルを受けた「ヘルパーT細胞」はシグナルの情報を基に「Th1細胞」に命令を出して、ウイルスを攻撃する「キラーT細胞」を作らせるか、「Th2細胞」に指令を出して「B細胞」に抗体を作らせるかの判断をします。

 

この時に、花粉を異物と判断したヘルパーT細胞がTh2細胞に多くの指令を出す事でB細胞がたくさんの抗体を作り出し、結果として花粉症の症状が引き起こされる事になるのです。

 

ちなみに、免疫細胞の中でも「NK細胞」だけはマクロファージとは違い、常に単独で体内のパトロールをして、外敵を見つけ次第攻撃・破壊します。

 

 

 

 

つまり、NK細胞は一匹狼なのに対して、マクロファージやヘルパーT細胞、Th1細胞、Th2細胞などはチームとして外敵から防御しているのです。

 

そこで、花粉症などのアレルギー症状を抑えるためには、ヘルパーT細胞にTh2細胞を活性化させる指令を出させないようにするか、Th1細胞の割合を多くする事でB細胞に抗体を作らせないようにする事が重要になります。

 

 

ここでやっと乳酸菌の登場なのですが、いろいろな研究や実験の結果、乳酸菌にはTh2細胞の働きを抑制する働きをしたり、Th1細胞を助けてTh2細胞の割合を減らしたりする効果がある事が報告されています。

 

また、NK細胞を活性化する乳酸菌も発見されており、ヘルパーT細胞が花粉を発見する前にNK細胞によって攻撃・破壊させることによって、Th2細胞に指令を出さなくなりアレルギー症状が緩和されるといった報告もあります。

 

では、花粉症の症状を緩和させる効果が期待できる乳酸菌にはどのようなものがあるのでしょうか?

花粉症の症状を緩和させる効果が期待できる乳酸菌

  • ■フェカリス菌

ほかの乳酸菌より菌の大きさが5分の1程度と非常に小さいため、一度に大量のフェカリス菌を摂取でき、しかも加熱殺菌して死滅した状態で摂取しても善玉菌のエサとなり、高い効果が期待できる乳酸菌です。

 

おすすめのフェカリス菌入りサプリメントはこちら

 

  • ■L-92乳酸菌

ヘルパーT細胞を助けてTh1細胞優位に免疫反応をコントロールするため、結果的にアレルギーの原因となる「Th2細胞」を活性化する指令を少なくする事ができます。

 

 

おすすめの L-92乳酸菌入りのサプリメントはこちら

 

 

  • ■KW乳酸菌

もともとは、アトピー改善のために開発された乳酸菌ですが、花粉症患者にKW乳酸菌を摂取してもらったところ、花粉症の症状が改善されたという報告があります。

また、マウスによる実験において、血中の抗体濃度が低下し、Th1細胞とTh2細胞のバランスが改善されたことも報告されています。

 

おすすめのKW乳酸菌入りサプリメントはこちら

 

  • ■R-1乳酸菌

NK細胞を活性化することでインフルエンザ予防や花粉症に対する免疫力向上効果が期待できる乳酸菌です。

 

R-1乳酸菌が配合された乳酸菌サプリメントのレビューはこちら

 

 

 

 

 

ただし、これらの乳酸菌を摂取しても即効性は期待できませんので、効果を得るためには、数週間から1ヶ月程度などの一定期間飲み続ける必要があります

 

さらに、全ての花粉症患者に効果が期待できる訳ではありませんので、過度な期待はしないようにして下さい。

 

また、人によっては乳酸菌の効果でお腹がゆるくなったりする場合もありますので、色々な乳酸菌を試してみた上で、自分に合った乳酸菌を摂るようにして下さい。

 

 花粉症の症状を緩和させる効果が期待できる乳酸菌、まとめ

036

「フェカリス菌」「L-92乳酸菌」「KW乳酸菌」「R-1乳酸菌」などには花粉症の症状を抑える効果が報告されています。

 

しかし、即効性は無く、効果を得るためには一定期間飲み続ける事が必要です。

 

また、全ての花粉症患者に効果が期待できる訳ではなく、お腹がゆるくなるなどの副作用的な症状がみられる場合もありますので、色々試して、自分に合った乳酸菌を見つける事も大切です。

 

いずれにしても、花粉症の症状がひどい時は薬を併用しながら、乳酸菌サプリメントを摂り続けて体質の改善を図って行きましょう。

 

 

乳酸菌サプリメントで効果ありと実感したランキング!

スポンサードリンク おすすめ乳酸菌サプリメントレビュー記事まとめはこちらをクリック!

同じカテゴリー「乳酸菌とアレルギー」の一覧

乳酸菌EC12は花粉症に効果あり?【EC12の花粉症に対する効果を検証】

すでに花粉が飛び始めた2月の半ばくらいから飲み始めた「乳酸菌EC12」ですが、便秘に対する効果が飲み始めは効きすぎたり、効かなかったりと不安定な状態でしたが、1週間ほどで効き目が落ち着いた事はレビュー […]

記事の続きを読む

乳酸菌は花粉症に効果あり?【便秘以外に花粉症にも効くの?】

花粉症の治療法で治療を受けた7割から8割の患者に効果が認められたとして、「舌下免疫療法」が注目されています。   この「舌下免疫療法」は2014年から「杉花粉症」に限って保険適用になって注目 […]

記事の続きを読む

乳酸菌の摂取は乳アレルギーでも大丈夫?

まず結論から言うと、乳アレルギーの人が乳酸菌をサプリメントなどで摂取する事は全く問題ありません。   乳アレルギーは、乳に含まれるタンパク質の一種に拒否反応を示す食物アレルギーの一種です。 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

改善四朗のプロフィール

休日はロードバイクでサイクリングを楽しみながら、乳酸菌パワーで腸内環境を改善していつまでも若々しく健康を維持したい改善四朗です。

プロフィールの続きを読む
    スポンサーリンク
    グーグル検索
    カスタム検索
    アーカイブ
    カテゴリー

    Copyright© 2017 乳酸菌の効果でスルッと快腸に!【体内の善玉菌をキープして健康美人!】

    ページトップ