介護 情報

毎朝の悩みやモヤモヤ、膨張にサヨナラしませんか?体調維持におすすめの乳酸菌サプリメントやその他様々な乳酸菌の効果を紹介します。

MENU
乳酸菌の効果でスルッと快腸に!【体内の善玉菌をキープして健康美人!】 TOP  >  乳酸菌とは?  >  乳酸菌の種類とその効果!【便秘改善だけでは無い乳酸菌の効果とは?】

乳酸菌の種類とその効果!【便秘改善だけでは無い乳酸菌の効果とは?】

スポンサードリンク

乳酸菌とは、ブドウ糖やオリゴ糖などの「糖」を分解して、その代謝物として乳酸を作り出し身体によい働きをする細菌の総称で、自然界に広く存在しています。

 

ちなみに、乳酸菌と呼ばれるためには、糖を分解して作りだす代謝物の50%以上が乳酸であることが条件で、形状は、棒状または円柱状の「桿菌」(かんきん)、球状の「球菌」(きゅうきん)になっています。

 

また、乳酸菌は人間以外にも動物の腸内、牛乳や乳製品、漬け物などの発酵食品にも多く存在しています。

 

では、乳酸菌が体内に入るとどのような働きをするのでしょうか?

 

017

 

 

乳酸菌の体内での働き

乳酸菌が腸内に入ると、主にもともと体内に棲みついているビフィズス菌の増殖や働きを助けて、悪玉菌が増えにくい環境作りに役立っています。

 

このように、乳酸菌やビフィズス菌などのように体内環境を良好に整える細菌を総称して善玉菌と呼んでいます。

 

そして、ヨーグルトや漬け物などの身体によい菌や、その菌を含む食品、またはそのような働きのことを「プロバイオティクス」と呼びます。

 

乳酸菌のプロバイオティクス効果は、ビフィズス菌と共に乳酸を作りだすことで体内環境を酸性に保ち、悪玉菌の増殖を抑える働きをすることで、結果的に善玉菌の割合をふやす事に貢献しています。

 

その結果、便秘や下痢を改善したり、免疫力の強化、肌荒れや吹き出物の予防、アレルギー症状の緩和など、さまざまな効果をもたらしてくれます。

 

そんな身体に良い効果をもたらす乳酸菌にはどのような種類があるのでしょうか?

 

nyusankin01

主な乳酸菌の種類とその特徴

乳酸菌は現在分かっているだけでも200種類以上ありますが、中でもヨーグルトや乳酸菌飲料などに配合されて注目を集めているものを紹介します。

 

  • ■ヤクルト菌(乳酸菌シロタ株)

乳酸菌飲料「ヤクルト」に使われている乳酸菌で、正式にはラクトバチルス属カゼイ菌YIT9029株と呼ばれ、胃液や胆汁などの消化酵素に強いため、生きたまま腸内に到達する確率が高く、腸内の善玉菌を増やして体内環境を改善する働きがあります。

 

  • ■KW乳酸菌(乳酸菌KW3100株)

キリングループが発見した乳酸菌で、正式にはラクトバチルス属パラカゼイ菌KW3100株の事です。

KW乳酸菌は体内の免疫バランスを整える働きがあり、アレルギー症状の改善や免疫力の強化が期待されています。
>>KW乳酸菌を配合した乳酸菌サプリメント

 

  • ■プラズマ乳酸菌(JCM5805株)

キリンと小岩井乳業による共同研究で発見された乳酸菌で、正式には「ラクトコッカス属ラクティス菌JCM5805株」と呼ばれます。

プラズマ乳酸菌は免疫細胞の司令塔であるpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)を活性化し、風邪の予防やインフルエンザの感染予防効果が期待されています。
>>プラズマ乳酸菌入りのサプリメント

 

  • ■クレモリス菌(クレモリス菌FC株)

京都大学名誉教授の家森幸男が、疫学研究のためにロシアのコーカサス地方地方から持ち帰った「カスピ海ヨーグルト」から優良株として分離された乳酸菌で、正式名称は「ラクトコッカス ラクティス サブスピーシーズ クレモリス エフシー」と呼ばれます。

クレモリス菌FC株は、ヒトの消化液で分解されないことが確認されていますので、生きたまま大腸まで届いて働くと考えられており、整腸効果や、アレルギー予防、肌荒れ予防、免疫力の強化などの効果が期待されています。
>>クレモリス菌入りの乳酸菌サプリメント

 

  • ■LG21乳酸菌

明治乳業が保有する乳酸菌ライブラリーの中から発見された乳酸菌で、正式には「ラクトバチス属ガセリ菌OLL2716株」と呼ばれます。

LG21乳酸菌ほかの乳酸菌に比べて胃酸に強い特徴があり、胃の中でピロリ菌の活動を抑える効果が期待されています。
>>LG21乳酸菌ドリンクタイプ

  • ■モラック乳酸菌

森永乳業が保有する数千株の中から選ばれた乳酸菌で、正式には「ラクトバチルス属パラカゼイ菌MCC1849株」と呼びます。

モラック乳酸菌は人の免疫機能に働きかける事で、インフルエンザ予防効果が期待されています。
>>モラック乳酸菌入り飲料

 

  • ■L-92乳酸菌

カルピス社が独自に発見した乳酸菌で、正式には「ラクトバチス属アシドフェルス菌L-92株」と呼びます。

L-92乳酸菌は、アトピーなどのアレルギー発症に関係する免疫バランスに働きかけるため、アレルギー症状の緩和効果が期待されています。

 

>>カルピス L-92乳酸菌入りサプリメント

 

  • ■ガセリ菌SP株

雪印メグミルクが発見した乳酸菌で、正式には「ラクトバチルス属ガセリ菌SBT2055株」と呼びます。

ガセリ菌SP株はもともと日本人のおなかに住んでいるヒト由来の乳酸菌から選んだ菌株なので、生きたまま腸まで届き、長く留まることが実証されています。

腸内で善玉菌として働き、便秘改善や体内環境の改善効果が期待されています。

 

>>ガセリ菌入り乳酸菌サプリメント

 

  • ■フェカリス菌

正式には、「エンテロコッカス属フェカリス菌」と呼ばれ、殺菌されたでフェカリス菌でも、腸内で善玉菌の増殖を高め、悪玉菌の増殖を抑えることで、腸内免疫細胞が活性化される事が確認されています。

フェカリス菌は免疫力をアップし、花粉症やアレルギーに効果が期待される乳酸菌として話題を集めています。

フェカリス菌にはEC-12株、FK-23株などがあります。

 

>>フェカリス菌入り乳酸菌サプリメント

 

  • ■ラブレ菌

京都のすぐき漬けから発見された植物性の乳酸菌で、正式には「ラクトバチルス属コアギュランス菌」と呼びます。

ラブレ菌は、ウイルスから身を守るための免疫力を高めることで、インフルエンザの感染予防効果が期待されています。
>>ラブレ菌入り乳酸菌サプリメント

  • ■R-1乳酸菌

明治乳業が保有する約4000種類の乳酸菌の中から選び抜かれた乳酸菌で、正式名称は「ラクトバチルス・ブルガリクスOLL1073R-1菌」と呼ばれます。

R-1乳酸菌は、体内に侵入してきたウイルスなどの外敵を攻撃する「NK細胞」の働きを活性化させる事で、インフルエンザの感染予防などの免疫力の強化が期待されています。

 

>>R-1 ドリンクタイプ

 

 

このように乳酸菌にはいろいろな種類があり、体内環境の改善や免疫力の強化などの効果が期待されています。

 

006

乳酸菌の種類と効果、まとめ

  • 乳酸菌とは、ブドウ糖やオリゴ糖などの「糖」を分解して、その代謝物として乳酸を作り出し、身体によい働きをする細菌の総称です。

 

乳酸菌にはいろいろな種類があり、体内環境の改善や免疫力の強化などの効果が期待されていますが、外部から補給された乳酸菌は3日から4日で体外に排出されてしまいますので、常に不足しないように補給する必要があります。

 

乳酸菌は、「ヨーグルト」「味噌」「醤油」「ぬか漬け」「キムチ」「チーズ」「ザーサイ」「納豆」などの発酵食品に多く含まれます。

 

体内環境を正常に保つためにも、これらの食品を積極的に食べる事が大切ですが、何らかの理由で食べる事が難しい場合はサプリメントなどで補給するなどして、体内の乳酸菌が不足しないように心がけたいものです。

 

改善四朗が効果を実感できた乳酸菌サプリメントランキング

 

スポンサードリンク おすすめ乳酸菌サプリメントレビュー記事まとめはこちらをクリック!

同じカテゴリー「乳酸菌とは?」の一覧

乳酸菌の種類とその効果!【便秘改善だけでは無い乳酸菌の効果とは?】

乳酸菌とは、ブドウ糖やオリゴ糖などの「糖」を分解して、その代謝物として乳酸を作り出し身体によい働きをする細菌の総称で、自然界に広く存在しています。   ちなみに、乳酸菌と呼ばれるためには、糖 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

改善四朗のプロフィール

休日はロードバイクでサイクリングを楽しみながら、乳酸菌パワーで腸内環境を改善していつまでも若々しく健康を維持したい改善四朗です。

プロフィールの続きを読む
    スポンサーリンク
    グーグル検索
    カスタム検索
    アーカイブ
    カテゴリー

    Copyright© 2017 乳酸菌の効果でスルッと快腸に!【体内の善玉菌をキープして健康美人!】

    ページトップ