介護 情報

乳酸菌サプリメントとヨーグルトには便秘解消効果に違いはあるのでしょうか?また、それぞれの特徴はどのようなものでしょうか!

MENU
乳酸菌の効果でスルッと快腸に!【体内の善玉菌をキープして健康美人!】 TOP  >  乳酸菌サプリメントとヨーグルト  >  乳酸菌サプリメントは便秘に効果があるらし いけど、ヨーグルトじゃダメなの?

乳酸菌サプリメントは便秘に効果があるらし いけど、ヨーグルトじゃダメなの?

スポンサードリンク

ヨーグルト結論から言うと、ヨーグルトでも大丈夫です。

 

ヨーグルトに多く含まれている乳酸菌やビフィズス菌は毎日継続して摂取することでスルッと効果を期待することが出来ます。

 

乳酸菌もビフィズス菌もどちらも善玉菌の仲間ですが、乳酸菌は糖を分解して乳酸を多く作り出しますが、ビフィズス菌は乳酸以外にも酢酸を作り出し悪玉菌が住みにくい環境を作り出します

 

しかも、ビフィズス菌は元々私たち人間の体内に最も多く住み着いている菌であり、その数は10兆個にもおよぶと言われています。

 

ですから、ヨーグルトで乳酸菌やビフィズス菌を体内に摂り込むことによって、更に善玉菌の活動を活発にしてスルッと効果や体内環境の改善効果が期待できます。

 

さらに、最近ではビフィズス菌以外にもさまざまな乳酸菌を配合したヨーグルトが販売されています。

 

 

そこで、ヨーグルトに多く配合されている代表的な乳酸菌の種類とその特徴をご紹介したいと思います。

 

 

 

ヨーグルトに多く配合されている代表的な乳酸菌の種類とその特徴

 

  • ■ブルガリア菌・サーモフィラス菌

善玉菌と悪玉菌のバランスを整える作用が高く、体内環境を整える効果が期待できます。

 

  •  ■ガセリ菌

日本人由来の乳酸菌で、生きたまま腸内に長時間留まることが出来るために、優れた体内環境の改善効果が期待できます。

 

  • ■BE80菌

ビフィズス菌の仲間ですが、他のビフィズス菌に比べて生命力が強く、生きたまま腸まで届き、腸の働きを活発にして体内環境を改善する効果が期待できます。

 

  • ■プラズマ乳酸菌

免疫細胞に働きかける事で、免疫力を強化して外部から侵入してきたウイルスなどの敵に対して素早く反応する事が可能になります。

 

これによって、インフルエンザにかかりにくくなったり、感染後の症状が軽く済むと言った報告もされています。

 

  • ■R‐1乳酸菌

R‐1乳酸菌には、人の免疫細胞の一つ「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」を活性化させる働きがあります。

 

このNK細胞は、体内を常にパトロールしている細胞で、インフルエンザウイルスなどの感染予防に効果があると言われています。

 

 

このように乳酸菌やビフィズス菌にはさまざまな種類があり、その働きも違いますので、目的に合ったヨーグルトを食べるようにしましょう。

 

また、乳酸菌は胃酸に弱く壊れやすい性質をしていますので、ヨーグルトを食べる際には、胃酸の濃度が高い食前よりも、胃酸が薄まっている食後に食べたほうが腸まで乳酸菌が届きやすくなり、より高い乳酸菌の効果を得ることができます。

 

 

ヨーグルトに配合されている乳酸菌にも便秘解消の他に、さまざまな効果が期待できるのですが、乳酸菌サプリメントとヨーグルとを比較した場合はどこに違いがあるのでしょうか?

 

 

乳酸菌サプリメントとヨーグルトの違い

 

サプリメントカプセル乳酸菌サプリメントとヨーグルトの違いは、大きく次の3点が挙げられます。

 

1) 食べる量とカロリーの違い
乳酸菌サプリメントの1日の摂取量は数グラムから多くても10グラム程度ですが、ヨーグルトの場合は100グラム以上食べなくてはいけません。

 

カロリーについても、乳酸菌サプリメントの場合は1日あたり数キロカロリーから多くても20キロカロリー程度ですが、ヨーグルトの場合は無糖の物でも100グラムで60キロカロリー以上になります。

 

2) 乳酸菌の配合されている種類と数の違い
乳酸菌サプリメントには、乳酸菌だけでも数種類配合されていて、更に善玉菌のエサとなるオリゴ糖などの善玉菌をサポートする成分も配合されています。

 

また、乳酸菌の数も一日分の数グラム中に、50億から1000億個などというものまであります。

 

対してヨーグルトの場合は、乳酸菌の種類は1種類から多くても2種類程度がほとんどで、その数も100グラム中に100億個と、乳酸菌サプリメントに比べると遥かに少ないです。

 

3) アレルギーに対しての違い
ヨーグルトは原材料が「牛乳」を発酵させて作りますので、乳アレルギーなどのアレルギーを持っている人は食べる事ができません。

 

対して、乳酸菌サプリメントのには原材料に「牛乳」などの「乳」を使っているのもありますが、全ての商品で使われている訳ではありませんので、原材料に「乳」を使っていないサプリメントを選ぶことで、乳アレルギーの人でも摂取する事ができます。

 

乳酸菌サプリメントとヨーグルとには大まかに以上のような違いがありますが、どちらも配合されている乳酸菌の効果に違いはありません。

 

しかし、あなたがダイエット中だったり、乳アレルギーの人が便秘解消などの目的で乳酸菌を摂取する際には、迷うことなく乳酸菌サプリメントをおすすめします。

乳酸菌サプリメントは便秘に効果があるらしいけど、ヨーグルトじゃダメなの?まとめ

  • 乳酸菌サプリメントもヨーグルトも、配合されている菌の効果に違いはありません。

 

ですから、食べる量や摂取カロリー、原材料などの特徴を考慮して、あなたの目的や生活スタイルに合った乳酸菌を摂取する方法を選べば良いと思います。

 

ただし、いくら乳酸菌を摂取しても、体内に住み着いている乳酸菌との相性が良くなければ効果は期待できませんので注意して下さい。

 

まずは1週間試してみて、効果が実感できなければ次の菌を試すというように、自分の体質に合った菌を見つけることが大切です。

 

乳酸菌サプリメントで効果ありと実感したランキング!

 

スポンサードリンク おすすめ乳酸菌サプリメントレビュー記事まとめはこちらをクリック!

同じカテゴリー「乳酸菌サプリメントとヨーグルト」の一覧

乳酸菌サプリメントは便秘に効果があるらし いけど、ヨーグルトじゃダメなの?

結論から言うと、ヨーグルトでも大丈夫です。   ヨーグルトに多く含まれている乳酸菌やビフィズス菌は毎日継続して摂取することでスルッと効果を期待することが出来ます。   乳酸菌もビフ […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

改善四朗のプロフィール

休日はロードバイクでサイクリングを楽しみながら、乳酸菌パワーで腸内環境を改善していつまでも若々しく健康を維持したい改善四朗です。

プロフィールの続きを読む
    スポンサーリンク
    グーグル検索
    カスタム検索
    アーカイブ
    カテゴリー

    Copyright© 2017 乳酸菌の効果でスルッと快腸に!【体内の善玉菌をキープして健康美人!】

    ページトップ