介護 情報

ヨーグルトのテレビコマーシャルなどで乳酸菌の便秘解消効果を連想させるような映像が流れていますが、果たして乳酸菌には本当に便秘解消効果があるのでしょうか?

MENU
乳酸菌の効果でスルッと快腸に!【体内の善玉菌をキープして健康美人!】 TOP  >  乳酸菌の働き  >  乳酸菌は便秘に効果が無いって本当?便秘の人が乳酸菌を摂っても意味無いの?

乳酸菌は便秘に効果が無いって本当?便秘の人が乳酸菌を摂っても意味無いの?

スポンサードリンク

便秘で悩む人が、なかなか解消できずに困っている人は多いですよね。

 

ちょっと酷くなると、つい便秘薬に頼りがちになってしまいますが、お薬は使っているうちに身体が慣れてしまって効かなくなってきますから、できれば薬に頼らずに便秘を解消したいものです。

 

そこで、テレビコマーシャルなどでもお馴染みのヨーグルトや乳酸菌サプリメントなどを摂り入れる人も多いようですが、効果のある人や無い人など色々いるようです。

 

テレビコマーシャルなどでも便秘に効果があるかのような映像を流していますが、なぜ効果に差が出るのでしょうか?

 

 

乳酸菌には、便秘を解消する効果は無いのか?

まず結論から言うと、「乳酸菌」そのものには便秘を解消する効果はありません

 

乳酸菌を体内に摂り込んでも、腸の動きを活発にさせる働きはしないのです。

 

では、どうして乳酸菌に便秘を解消する効果を期待するのでしょうか?

 

乳酸菌が便秘を解消するメカニズム!

口から取り込まれた乳酸菌は、胃や十二指腸などを通過する時に胃酸や胆汁などによって死んでしまう菌もあれば、生きたまま腸まで届く乳酸菌もあります。

 

生きた乳酸菌は腸内に元から住みついている善玉菌を助ける働きをし、死んだ乳酸菌も善玉菌のエサとなって善玉菌の活性化に役立ちます。

 

善玉菌が活性化し、増殖する際に産生される酪酸や乳酸などの代謝物が腸内に増える事は悪玉菌にとって腸内で住みにくい環境を作り出し、結果的に善玉菌の割合が多くなる事になります。

 

そのようにして、体内環境が改善されることで身体に必要な栄養素がしっかり吸収され、新陳代謝が促進して腸の蠕動(ぜんどう)運動も活発になる事で体内に溜まった老廃物や毒素、便などがスムーズに排出されるようになるのです。

 

つまり、乳酸菌が直接腸の働きを活発にするのではなく、乳酸菌によって体内の善玉菌の活動が活発になり、体内環境が改善されることによって、便秘が徐々に解消されていくということなのです。

 

しかし、中にはヨーグルトや乳酸菌サプリメントなどをいくら摂取しても一向に便秘が改善されない人もいるようですが、これはどういう事なのでしょうか?

乳酸菌をいくら摂取しても便秘が解消されない原因

  • ■体内の善玉菌と乳酸菌の相性の良し悪しによるもの!

人の体内に元々住み着ている体内細菌は2000種類以上あると言われ、更に増え続けていると言われています。

 

さらに、乳酸菌にも数百種類の乳酸菌があるといわれており、それぞれ体内細菌との相性が良い物とあまり良くない物があると言われています。

 

つまり、体内に住み着いている善玉菌と乳酸菌の相性が良ければ、体内環境の改善とともに便秘も解消されていきますが、相性が良くないと、いくら乳酸菌を摂取しても一向に体内環境が改善されず、従って便秘の解消に繋がらないという結果に終わります。

 

では、その相性はどのように見つけるのかと言うと、特にこれと言った方法は無く、実際に試してみないと分からないと言うのが現状です。

 

人は、それぞれで体内に住み着いている善玉菌の種類が違いますので、どの乳酸菌との相性が良いのかは試してみないと判断できないのです。

 

ですから、とりあえずは2週間程試してみて効果が認められなかった場合は、違う乳酸菌を試すなどと言う事を繰り返す以外に方法は無いようです。

 

ちなみに、相性が良い乳酸菌の場合は摂取後3日から1週間で効果が感じられる事が多いようで、2週間以上摂取して効果が感じられなかった場合は、相性が良くないという事のようです。

 

 

  • ■便秘の種類によるもの!

乳酸菌の働きによって解消される便秘は、ある種類の便秘に限定されます。

 

便秘には腸そのものの働きに問題がある「機能性便秘」と病気や何らかの原因で腸が狭くなったり、ねじれたりなど物理的な事が原因の「器質性便秘」があります。

 

便秘と一般的に言われている多くの原因は「機能性便秘」で、中でも3つの種類に分類されます。

  • 1) 「弛緩(しかん)性便秘」

運動不足や暴飲暴食などによって腸の働きが鈍くなることが原因とされています。

  • 2) 「痙攣(けいれん)性便秘」

ストレスなどで自律神経が乱れることにより腸の動きが激しくなりすぎて、痙攣(けいれん)することが原因とされています。

  • 3) 「直腸(ちょくちょう)性便秘」

肛門に近い直腸に便が溜まってしまい、常に肛門近くの神経が圧迫される事で神経が麻痺して、便意を感じなくなってしまうことが原因とされています。

 

この3つの便秘の中で、乳酸菌が有効と言われているのは「弛緩(しかん)性便秘」だけですから、他の原因で便秘になってしまっている場合は、いくら乳酸菌を摂取しても解消する事は困難ですから、乳酸菌以外の解消法が必要です。

 

しかし、便秘の8割は「弛緩(しかん)性便秘」だと言われており、多くの人が乳酸菌で便秘を解消できています。

 

ただ、それ以外の便秘の人も少なくはないので、乳酸菌で便秘を解消しようとする前に、自分がどの種類の便秘なのかを見極める事も大切です。

 

乳酸菌は便秘に効果が無い!まとめ

  • 乳酸菌そのものに便秘を解消する効果はありませんが、体内に住み着いた善玉菌を助け、体内環境が改善される事で得られる二次的な効果として、便秘解消が期待できます。
  • 腸内の善玉菌と乳酸菌との相性や便秘の種類によっては、いくら乳酸菌を摂取しても効果が期待できませんので注意が必要です。

 

 

いずれにしても、乳酸菌は加齢と伴に減少して行きますので、便秘解消や予防のほか健康維持のためにも、自分に合った乳酸菌を積極的に継続して摂取して行く事が大切です。

 

 乳酸菌サプリメントで効果ありと実感したランキング!

 

スポンサードリンク おすすめ乳酸菌サプリメントレビュー記事まとめはこちらをクリック!

同じカテゴリー「乳酸菌の働き」の一覧

乳酸菌は便秘に効果が無いって本当?便秘の人が乳酸菌を摂っても意味無いの?

便秘で悩む人が、なかなか解消できずに困っている人は多いですよね。   ちょっと酷くなると、つい便秘薬に頼りがちになってしまいますが、お薬は使っているうちに身体が慣れてしまって効かなくなってき […]

記事の続きを読む

乳酸菌は生きたままで届かないと効果が無いはウソ!

テレビのコマーシャルや色々なメディアで「乳酸菌は生きたまま」というフレーズをよく目にするせいか、乳酸菌は生きたままじゃないと効果が無いという認識がいつのまにか刷り込まれているようです。   […]

記事の続きを読む

乳酸菌で変化する!善玉菌と悪玉菌の理想的なバランスをご存じですか?

体内細菌には「善玉菌」と「悪玉菌」の2種類があるのは、あなたもよくご存じだと思いますが、更にもう一つ「日和見菌(ひよりみきん)」という菌が存在しているのをご存じでしょうか?   実はこの「日和見菌(ひ […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

改善四朗のプロフィール

休日はロードバイクでサイクリングを楽しみながら、乳酸菌パワーで腸内環境を改善していつまでも若々しく健康を維持したい改善四朗です。

プロフィールの続きを読む
    スポンサーリンク
    グーグル検索
    カスタム検索
    アーカイブ
    カテゴリー

    Copyright© 2017 乳酸菌の効果でスルッと快腸に!【体内の善玉菌をキープして健康美人!】

    ページトップ