介護 情報

乳酸菌の効果で健康を維持するために欠かせない【3つのポイント】

MENU
乳酸菌の効果でスルッと快腸に!【体内の善玉菌をキープして健康美人!】 TOP  >  便秘以外の乳酸菌の効果  >  乳酸菌の効果で健康を維持するために欠かせない【3つのポイント】とは?

乳酸菌の効果で健康を維持するために欠かせない【3つのポイント】とは?

スポンサードリンク

現代の日本では空前の健康ブームと言われていて、運動や食事制限などの様々な健康法が世の中にあふれています。

しかし、その中でも何をすれば本当に健康になれるのか?迷ってしまいますよね。

そんな様々な健康法がある中で、腸の名医と呼ばれる順天堂大学の小林弘幸先生曰く、健康になるための秘訣は「良い血液を作る事」だと言っています。

では、良い血液を作るにはどのようにすれば良いのでしょうか?

良い血液を作るための3つのポイントとは?

ご存知かもしれませんが、実は人の血液は腸で作られています。

つまり、良い血液を作るという事は、腸をきれいにするという事が重要になってきます。

そのためには、腸の働きを助けて腸内環境を整える善玉菌を増やすことがポイントになります。

腸内に善玉菌が増えると腸が活性化され、食べ物からの栄養分を腸が最大限に吸収できるようになるため、質の良い血液が作られて全身に運ばれて行きます。

という事で、腸内の善玉菌を増やす3つのポイントを紹介したいと思います。

ポイント1・善玉菌の仲間を摂取する

善玉菌を活性化させる一番手っ取り早い方法が、乳酸菌などに代表される善玉菌の仲間を摂取することです。

よく乳酸菌と言うとヨーグルトが思い浮かぶと思いますが、ヨーグルトの乳酸菌は意外と早く体外に排出されてしまうという特徴がありますので、継続的に食べ続ける必要が出てきます。

よくCMなどでも「毎日続けましょう」などと耳にすると思いますが、毎日習慣にするというのは、なかなか大変ですよね。

そこで、おすすめしたいのが「漬物」です。

漬物ならば毎日の食事で無理なく続けて食べる事ができますし、何より植物由来の乳酸菌は「野菜で作られたヨーグルト」言われるほどたくさんの乳酸菌が含まれています。

しかも、植物由来の乳酸菌は牛乳などを原料にしたヨーグルトなどの動物性の乳酸菌よりも胃酸などに強く、腸内で長く活動し続ける事ができますので、善玉菌を増やすには最適な乳酸菌と言えます。
漬物盛り合わせ

ポイント2・善玉菌の大好物のエサを与える

腸内の善玉菌を活性化させるポイントの2つ目は、善玉菌が元気になる大好物のエサを与える事です。

人間が食事でエネルギーを補給するように、善玉菌が腸内で活発に活動するためにはエサが必要になってきます。

では、善玉菌の大好物のエサとは何なのか?と言うと、「オリゴ糖」と「グルコン酸」が大好物なのです。

まず、オリゴ糖が手軽に摂取できる身近な食材としては「玉ねぎ」が挙げられます。

玉ねぎのオリゴ糖を効果的に摂取する食べ方としては、オリゴ糖は熱にも強いので、生でも熱を加えて炒めたりしてもどのような食べ方をしてもOKです。

しかも、オリゴ糖は糖類の中でも低カロリーなので、ダイエットなどでカロリーが気になる方にも安心です。

次に「グルコン酸」ですが、グルコン酸を身近で手軽に摂取できる食材と言えば「お酢」が挙げられます。

その他、ハチミツにはオリゴ糖とグルコン酸の両方が含まれていますので、オニオンスライスとアジなどの青魚にハチミツとお酢を使ったドレッシングをかけて作ったマリネなどがおすすめの食べ方です。
魚のマリネ4

ポイント3・悪玉菌を減少させる

善玉菌を増やして活性化させる3つ目の方法として、悪玉菌を減少させる方法があります。

腸内には、善玉菌と悪玉菌の他に、そのどちらでもない性質を持った日和見菌が存在します。

腸内環境の健康的なバランスは、善玉菌:2、悪玉菌:1、日和見菌:7の割合が理想的と言われています。

中でも日和見菌は、腸内での善玉菌と悪玉菌の比率の多い方の性質に傾く菌なので、悪玉菌を減少させて善玉菌の割合を多くすることによって、日和見菌が善玉菌として腸内で活動するようになるのです。

そこで、悪玉菌を減少させるのに有効で身近な食材は何か?と言う事ですが、先の順天堂大学の小林弘幸先生によると「納豆」が非常に効果的だそうです。

納豆には「ジピコリン酸」という物質が含まれていて、ある実験のデータでは悪玉菌にジピコリン酸を投与したところ、3日でほぼ全滅するほどの効果が得られたということです。

わら納豆

人が健康に生きるための良い血液を作るための3つのポイントと!まとめ

1) 善玉菌の仲間を摂取する
2) 善玉菌の大好物のエサを与える
3) 悪玉菌を減少させる

これらの事を踏まえて考えると、昔から朝食の献立として食べられていた「納豆ご飯」「魚の干物」「玉ねぎの味噌汁」などの組み合わせは、腸内環境を健康に保つための理想的な組み合わせといえますね。
納豆定食

スポンサードリンク おすすめ乳酸菌サプリメントレビュー記事まとめはこちらをクリック!

同じカテゴリー「便秘以外の乳酸菌の効果」の一覧

乳酸菌の効果で健康を維持するために欠かせない【3つのポイント】とは?

現代の日本では空前の健康ブームと言われていて、運動や食事制限などの様々な健康法が世の中にあふれています。 しかし、その中でも何をすれば本当に健康になれるのか?迷ってしまいますよね。 そんな様々な健康法 […]

記事の続きを読む

ノロウイルス感染には乳酸菌が効果あり!

冬の寒く乾燥した時期になると、インフルエンザと共に感染者が増加するノロウイルスですが、ノロウイルスに対する有効な薬やワクチンなどは今のところありません。 しかもノロウイルスは増殖力が強く、ごく少数のウ […]

記事の続きを読む

乳酸菌はうつ病にも効果的って本当?【便秘以外の乳酸菌の効果!】

一見、うつ病と乳酸菌は無関係のように思いますが、実は思わぬところで深くかかわっている事が分かりました。   うつ病は、神経伝達物質の一つである『セロトニン』が脳内で欠乏することで引き起こされ […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

改善四朗のプロフィール

休日はロードバイクでサイクリングを楽しみながら、乳酸菌パワーで腸内環境を改善していつまでも若々しく健康を維持したい改善四朗です。

プロフィールの続きを読む
    スポンサーリンク
    グーグル検索
    カスタム検索
    アーカイブ
    カテゴリー

    Copyright© 2017 乳酸菌の効果でスルッと快腸に!【体内の善玉菌をキープして健康美人!】

    ページトップ